一蓮托生のかけがえないもの

imageimage

 

ロザが俺の元にやって来て約1年3か月。
二人で一つ屋根の下で暮らして来た。   寂しくてたまらない時、腹立たしくてやるせない時、しんどくても外ではカラ元気で過ごして帰って来て倒れ込む時、熱があってジムに嫌々行く時、そんな全てをロザは見ている。

言葉は通じなくても、俺がつらい時は寂しそうな目でこっちを見てたりする。
俺が外に出て事故にでも合っていきなり死んだら、ロザは生きていけない。
エサも水も、散歩に連れて行くのも俺がやらないとロザは自分でできない。

俺と一連托生のかけがえのない存在。
ロザには長生きして、もうすぐやって来る激動の40代を見守って欲しい




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. インフルエンザから復活💪

  2. 東京の風景🗼

  3. 飼い慣らされた飼い犬から狼ではなく、龍へ

  4. 2017年、元旦

  5. 海の向こうに渡った日

  6. 育ての親の旅立ち

  7. 25年ぶりに岡山県へ

  8. 久しぶりに田舎へ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Instagram タイムライン

Facebookページ タイムライン