久しぶりの闇の中

久しぶりの闇の中

久しぶりにトンネルの中の闇へ。

トンネルも完成に近づき、他業者もほとんど居なくて、1人で作業をしてると異空間に居てるような錯覚に捕らわれる。

ヘルメットにつけたライトが唯一の灯り。

試しに、ライトのスイッチを切ってみた。

非常灯の微かな光が点滅してるだけの闇の中。

このまま出れなくなるんじゃないかと不安になるほどの静けさ。

このトンネルで仕事をしだしてから、ろくな事が無かった。

足を怪我するし、

スマホの電波もまともに飛ばない場所から仕事が終わって、トンネルの外に出てスマホがつながった瞬間、とんでもない事が起きてる事を知ったり。

俗に言う鬼門というやつかも知れない。

でも、そんな迷信や風水などの類いは一切信用しない。

結局は全て己の責任。

だから、このトンネルが完成したら、バンバンと使ってやろうと思う。

あー、この辺で怪我したなとか 笑

俺は光の方へ向かっていく。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 久しぶりの漫画

  2. 切るべきもの

  3. 仕事とは

  4. 人生の闇を垣間見た…

  5. 飼い慣らされた飼い犬から狼ではなく、龍へ

  6. ネット界へ本格的に登場

  7. 変人

  8. 盲信者=見ざる言わざる聞かざる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Instagram タイムライン

Facebookページ タイムライン