世界から自分が消えたなら。

imageimage

生まれて初めてかも知れない。

小説や原作を読まずに映画を観るのは。

いつも、原作を読んで感動したら映画も観ようかなという感じで。

今回のように映画を先に観るのは初めてかも知れず、その上映画を観た後で原作を読んでみようと思った自分も意外。

映画を観た後で原作を読んでも、映画のキャストの顔が浮かんでしまうだろうから…

 

元々読みたいと思っていた小説で、何気なく東京で観ようと思って観たら、映画の後に主演の佐藤健と、原作者の川村元気が舞台挨拶に登場した✨

もし自分が世界から消えるボタンがあって、世界中の人から俺が存在した記憶も、俺と過ごした記憶も同時に消えてくれて、誰の人生にも影響を及ばさないなら、ボタンを押してみたいと思った少し前。 そして、本当に消えなくてはいけなかったかも知れないギリギリの状況を何度か切り抜けて。

そんな自分の感情や想いもあって、久しぶりにグッと来た映画だった🎥

 

関連記事

  1. 原因と責任について

  2. 想いや愛は行動で示す。

  3. 肩トレ💪

  4. モチベーションが上がらない時。

  5. 努力の集大成

  6. 強い人、弱い人。

  7. やりたい放題したいなら。

  8. 絵に描いたような家庭

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。