信じる心

信じる心

人を信じる心が失くなった。

キズついて、それでもいつか笑える日が来るだろうと耐えて、ある日突然捨てられる事がずっと昔にあって、あの頃も人を信じなかった。

財布を電信柱の上に登って隠すような子供だったあの頃。

あの頃と同じように、こんな想いをするくらいなら人など信じない、信じれないと心から思う。

それでも又いつか、また誰かを信じてしまうんだろうか…

独りが怖くて人を信じるなら、もう二度と人は信じないだろう。

独りを受け入れた上で、誰かをまた信じれる日が来るなら、その時はまた信じてしまうんだろうし、信じてみようと思う。

人間の事が好きだろうと言われる自分が、今は人間が嫌いでたまらない。

関連記事

  1. 人は変わるのか、変えれるのか

  2. 身体の身だしなみ

  3. 師走

  4. 龍の復活祭🐉✨

  5. モチベーションが上がらない時。

  6. 今年最後の酒

  7. 最後の日…

  8. 勝ちにつながる退き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。