切るべきもの

切るもの切らないもの。

誰が見ても明らかなほど、人生の時間を10年は捨てている。
思い返せば、他にも細々と捨てた時間が数多くある。

人生そのものを振り返ると、あっと言う間に過ぎたという感じ。
そのあっという間に過ぎた人生を、もう一度繰り返す時間はたぶん残されてないだろう。

人生を折り返した後も、捨てた時間は数多くある。

歳のせいか、残された人生の事をフッと考える事が多くなって来た。

罵られようが、嫌われようが、無駄な時間を使って命を使う事はヤメにしないと、棺桶の中で後悔しても取り返しがつかない。

感情があるから、人は時として失敗をし、後悔もするんだろうと思うけど、だからこそ感動する事も出来る。
ただ、感情に流されたり、情に流されたりして後悔して過ごす時間は、俺にはそんなに残されていないと思うから、無駄なものは切っていく。

無駄なものでも切る事は痛みを伴うけれど、無駄なものを切ることで手に入る何かがきっとあるはず。

物、金の使い方、人間関係、意味の無い欲、時間の使い方、切らなければならぬ無駄なものはたくさんある。

関連記事

  1. みんなが消えていく…

  2. 晩酌

  3. 肩トレ💪

  4. 久しぶりのランニング

  5. 人生は辛く儚いもの

  6. 5年

  7. 嘘偽りのない厳しさ、馴れ合いのない優しさ

  8. 新しい事を始める前

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。