刹那的人生

刹那的な人生を送って来た。

一時の煌めきを追い求めるような、

一夜の快楽を貪るような、

そんな刹那的で破滅的な人生。

そんな日々は確かにスリルや楽しさはあったのかも知れないけど、いまとなっては思い出したくもなく、思い出そうとしても思い出せない薄っぺらいもの。
その場その時は良かったんだろうけど。

今も思い出すのは、泥水をすするような、涙をグッと飲み込むような、駆けずり回って努力した日々。
そんな日々は、その場その時は苦しくて苦しくて、嫌で嫌でたまらないけど、そんな日々こそ自分の人生に彩りを与えてくれる。

刹那的な人生を送れば送るほど、現実や未来を見据えて生きて行こうとした時に艱難辛苦が訪れる。

タイムマシンがあれば、消したいことなと盛りだくさんにあるけれど、ドラえもんが存在するのは漫画の中だけ。

消せないから、そんな事が霞んでしまうような生き方を、今俺は送りたいなと思う。

関連記事

  1. 居場所

  2. 東京の風景🗼

  3. 人は裏切るもの?

  4. ストイック

  5. 身体の身だしなみ

  6. 悪夢

  7. 強いひと、弱いひとの境界線

  8. クリスマスプレゼント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。