厄年の終わり

42歳になって、激動の厄年が終わった。
本来なら旧正月までと言うけれど、自分の人生の区切りは自分の誕生日だと思ってる。
こうやって書くのもいつぶりだろう…

みんなにお祝いしてもらって、バタバタとしていたけれど少し落ち着いた。

相変わらずドタバタしてる人生。

周りには成功してる人がたくさん居るけれど、俺は未だに甲斐性が無い暮らしを送っている。

これからどうなるのか?

それすらわからない。
来年は面白い年になるかもしれないという予感はあるけれど。

人の事が好きよなと言われる。
人を絶対裏切らないよなとも言われる。

そうなのかな?
こんだけ苦しいのに、人にはそう見えるのかな?

またいつか輝けるかな。
誰もが羨む光を、また纏う事が出来るのかな✨




関連記事

  1. 納得…

  2. さらば東京、さらば東中野🗼

  3. 久しぶりの闇の中

  4. やりたいことをして行く人生

  5. インフルエンザから復活💪

  6. イバラの道

  7. 刹那的人生

  8. 100点満点中2点の男

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。