生と死の境界線

年末年始の仕事が昨日無事に終了した。

毎回思う。

いつ誰が死んでもおかしくないと。

またいずれ死人が出るだろうなと。

人の人生なんて儚いもの。
確実に明日は来るだろうと、五体満足で元気な者はみんな思っている。
でも、いつ生と死の境界線を越えるかわからない。
今この瞬間に、生の向こう側へ踏み込む事になるかもしれない。

一つの区切りが終わった。

しばらくバタバタで身も心もしんどいだろうから、休み取れよと上司に言われたけど休まない。
休む必要などない。

休むのは倒れた時。

動けるうちは休まない、止まらない。
そんなヤワに心も身体も出来ていない。

だいたい、人の人生なんて儚いもんだと悟った今、休もうが休ままいが死ぬ時は死ぬ。
休まず倒れて死んだとしても、じゃあ休んでたら死なずに済んだのかなんてのもわからない。

唯一無二の対処法は、その日その日を充実させるしかない。



関連記事

  1. 逆境

  2. 365日

  3. 刹那的人生

  4. 永遠の別れ

  5. 心の持ちようで

  6. 息子とメンターの存在

  7. ストイック

  8. さらば東京、さらば東中野🗼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。