生と死の境界線

年末年始の仕事が昨日無事に終了した。

毎回思う。

いつ誰が死んでもおかしくないと。

またいずれ死人が出るだろうなと。

人の人生なんて儚いもの。
確実に明日は来るだろうと、五体満足で元気な者はみんな思っている。
でも、いつ生と死の境界線を越えるかわからない。
今この瞬間に、生の向こう側へ踏み込む事になるかもしれない。

一つの区切りが終わった。

しばらくバタバタで身も心もしんどいだろうから、休み取れよと上司に言われたけど休まない。
休む必要などない。

休むのは倒れた時。

動けるうちは休まない、止まらない。
そんなヤワに心も身体も出来ていない。

だいたい、人の人生なんて儚いもんだと悟った今、休もうが休ままいが死ぬ時は死ぬ。
休まず倒れて死んだとしても、じゃあ休んでたら死なずに済んだのかなんてのもわからない。

唯一無二の対処法は、その日その日を充実させるしかない。



関連記事

  1. 100kgの向う側

  2. 自分との戦い

  3. 充電完了✨

  4. 自分への挑戦状

  5. 復活!

  6. 脚のトレーニング

  7. 言い訳、屁理屈、開き直り

  8. 眉山✨

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。