真夜中のメッセージ

朝目が覚めた瞬間から、一瞬たりとも自分に恥じる事の無い1日を過ごして、倒れ込むようにベッドに入った真夜中、母親からメッセージが来た。

顔を見る度、身体壊したらあかんで、心は大丈夫か?と言いに来る。

疲れ果てた時はそれが勘に触る事もあって、そんな自分を弱い男だと恥じる日もある。

朝、目が覚めた瞬間に飛び起きて、先ずは体重計に乗り、

体重
体脂肪
基礎代謝量
筋肉量を測る。

それから色々なサプリを混ぜたオリジナルドリンクを飲み、バタバタと用意をして家を飛び出る毎日。

いつか息子が壊れて、消えてしまうんじゃ無いかと母親に心配させる生き方。

でも大丈夫、あなたの産んだ息子はまだまだ壊れやしない。
壊れてしまったとしても、悔いは無いから悲しまないで欲しい。

壊れそうだからブレーキを踏む生き方は俺には無理で、壊れた時に初めて止まる事が出来る。
壊れるのを防ぐためにブレーキを踏めば、ホントはもっとアクセルを踏めたんじゃ無いかと俺は自分を責めるだろう。

面と向かって言わず、メッセージを送って来るなんて、いかにも俺の母親らしい 笑

関連記事

  1. SNSの世界の住人で会ってみたい人

  2. しんどい事でも誰とするか。

  3. 刹那的人生

  4. 蝉の声。

  5. その先の向こう側

  6. サヨナラ

  7. 逃げ回る人生

  8. イベント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。