飼い慣らされた飼い犬から狼ではなく、龍へ

飼い慣らされた飼い犬から龍へなるために鎖を断ち切った。
与えられた餌をただ食べて、従順な飼い犬。

二日酔いで足元がおぼつかなくても、寝てなくても、体調が悪くても、ケガをしても、激痛にのたうち回っても、この世の全てを信じられなくなる出来事が起こっても、飼い犬としてやり通した。

これからは自分のエサは自分で狩る。

勘違いしている奴やおかしな奴らは、龍の逆鱗に触れなくても勝手に自滅していくから、相手にしてる暇は無い。

心身ともによくぞ乗り越えてくれた。
ありがとう、そしてこれからもよろしく🐉

龍の手に黒い星が舞い降りた今、又念の力が強まるかもしれない。

関連記事

  1. 別れの一年

  2. 許して受け入れた先の景色

  3. バルクアップ順調です💪

  4. 盲信者=見ざる言わざる聞かざる。

  5. 久しぶりの港祭りへ✨

  6. 久しぶりの闇の中

  7. 金の使い方。

  8. 御告げ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。