Personal Tailor ~人生の創り方~

柔術

柔術のスパーリングで気をつけている事。

投稿日:2020年3月22日 更新日:

柔術をしているとスパーは必須。

強くなりたくないならスパーをせず、技の稽古や打ち込みだけで良いのかも知れないけど、そもそもそれらの稽古は相手にかける前提なので、スパーで相手にかけれてこそ習得したと言えるのかなと。

猛勉強をした後のテストで点数が悪かったり、資格をずっと取れないで居ると、その勉強を延々と続けるのはしんどいのと同じで、柔術も日頃の稽古の成果を試すのがスパーや試合であったりする。

道場でスパーをするにあたり気をつけないといけないのは、怪我。   怪我しても怪我させてもいけない。

これに尽きる。

そして、新しい事を習得するには何回も挑戦しては失敗しての繰り返しだけど、めげずにやり続けるのも大事。   

ある程度レベルが上って来ると、相手にやられるのが嫌で、やり慣れていない新しい事を習得しようとしなくなるけどそれは駄目。

後は、相手の熱の度合いに合わせるって事かな。

難しい、柔術は。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-柔術

Copyright© Personal Tailor ~人生の創り方~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.